防寒着は寒い所で着用する実用的な衣類ですが、カジュアルなデザインであれば部屋着に転用することが可能です。しかし、防寒着は断熱性を向上させるために厚手の生地で作られている物が多いことから着心地は決して良くはありません。

また、生地の材質によっては部屋着に適さない場合もあります。防寒着の特性を学び、部屋着に転用する際は慎重に判断することを心がけましょう。

防寒着の特性と材質の関係

防寒着は寒い所で着る衣類の一種で、高い断熱性を持っているのが特徴です。外気の影響を軽減させると共に体温が外に放出されにくい作りになっていることから、着用していることで次第に暖かく感じるようになります。防寒着の多くは冷たい外気が体に伝わらないように厚手の生地で作られています。

保温性を向上させる目的で厚手の生地が使われていますが、材質は内部に空気の層を作りやすい綿が主流です。綿製の防寒着は最も安価で購入出来ることから広く普及していますが、生地の厚さから体を曲げたり激しく動くことには不向きです。

また、汚れた際の洗濯も困難なので取り扱いには注意する必要があります。防寒着の欠点である生地の厚さや動きにくさを解消するため、近年では化学繊維を生地に使った薄手の防寒着も市販されています。生地の薄さと遮熱性の高さを両立させているので綿製の防寒着と比べると動きやすいのが利点です。

しかし、化学繊維の防寒着は非常に燃えやすいので火気に近づけるのは危険です。また、化学繊維の生地が擦れる時に出る音が大きいのも特有の欠点なので扱いには注意する必要があります。防寒性の高さから低温の環境で長時間着用しても体温が低下する危険が少ない特徴がある反面、生地そのものに熱を保持する性質は無いので着用した際に瞬間的な冷たさを感じることがあります。

汚れた場合は綿製の防寒着と同様に洗濯は可能ですが、生地の縮みや発火などの不具合が生じる可能性があるので乾燥機を使うことは出来ません。

防寒着を部屋着として使うメリット

部屋着はリラックスした自宅内で着用することを前提に選ぶことが重要になります。着心地が良く、素肌に触れても不快感の無い作りになっている衣類が部屋着に最適です。洗濯がしやすいのも部屋着にする際の重要な選択肢ですが、生活スタイルによっては洗濯の容易さよりも汚れが付きにくく撥水性が高い衣類が適していることがあります。

防寒着は遮熱性を重視した作りなので決して着心地の良い衣類ではありませんが、気温が低下しやすい季節では部屋着に転用しても不自然ではありません。近年ではおしゃれなデザインの防寒着も多数市販されているので、上手に選ぶことで見栄えの良さを保ちながら快適に過ごすことが出来ます。

防寒着を部屋着として使うことにより、暖房を使わなくても室内で暖かく過ごすことが可能になります。気温が下がっても暖房を使うほどでもない環境では防寒着を着るのが効果的です。防寒着は体温を外に逃がさない作りになっているので、着用しているだけで体が冷えるのを防ぐことが出来ます。

特に室内では体を激しく動かす機会が少ないことから、遮熱性が高い防寒着を着るのは良質な冷え対策です。防寒着のデザインによっては一般的な部屋着と殆ど変わらない物もあるので、年齢や性別に関係無く誰でも着ることが出来ます。

防寒着の衛生管理と家庭で洗濯する際の注意点

防寒着は断熱性を保つために厚手の生地が使われている物が多いので大量の水を吸い込んでしまう性質があります。綿製の防寒着は吸水性も高く、普通に洗濯を行うと乾かすのに長い時間がかかってしまいます。乾燥機を使っても生地が吸い込んだ水を完全に除去するのは難しい他、水気が残ったまま着用すると却って体を冷やしてしまうので注意が必要です。

汚れが付着した場合は表面を軽く拭き取るだけに留めるのが一般的な扱い方ですが、部屋着として使っている場合は汚れたまま放置することは出来ません。そのため、洗濯の際は短時間で完全に乾かすことが出来るクリーニング店を利用するのが無難です。

家庭用の洗濯機を使う場合は他の衣類とは別に洗い、水気を十分に取り除いてから風通しが良い場所に干すことを心がけます。化学繊維の生地で作られた防寒着は生地が薄いので吸い込む水の量も多くはありませんが、その一方で乾燥機が使えない欠点もあります。

化学繊維は高温の環境に晒されると生地が縮んでしまい、着心地が著しく低下するためです。

また、火気に弱いことから発火しやすいのも乾燥機が使えない理由の一つです。灯油など燃えやすい物が付着したまま乾燥機にかけると危険なので、化学繊維製の防寒着を乾かす際は自然乾燥を厳守します。綿製の防寒着と違って短時間で乾く物が多いのが利点ですが、一般の部屋着と比べると時間がかかってしまうので洗濯のタイミングには注意する必要があります。

部屋着に適した防寒着を選ぶ際のコツ

部屋着はリラックスした環境で落ち着いて過ごすのに適した作りになっている物を選ぶのが普通ですが、他の場所では着用出来ない特異なデザインの一着を選ぶのもオフタイムを楽しむポイントの一つです。防寒着の中にはスキーウェアのように派手で目立ちやすいデザインの物があるので、部屋着に使うことで独自の個性を演出することが出来ます。

市販されている防寒着は実用品として扱われていることからデザインも地味な物が普通です。派手なデザインの防寒着はスポーツショップなどで選ぶのが無難ですが、サイズの種類が実用品と比べると少ない欠点があります。

そのため、好みのデザインと同様にサイズの種類が豊富な店舗を利用するのがおしゃれな部屋着を楽しむコツです。防寒着を購入する際は海外の輸入品を扱う店舗を選ぶのも一つの方法です。

海外製の防寒着は個性的なデザインの物が多く、サイズ表記が日本の衣類と同様でも実寸が大きいことからよりリラックスして着ることが可能になっています。

防寒着を長く使い続けるための扱い方

防寒着を部屋着として長く使い続けるためには一般的な衣類よりも丁寧に扱うことが大切です。参照元>>jichodo防寒着

洗濯や乾燥の方法に気を配る他、保管に関しても形を整えて吊るすことを意識する必要があります。折り畳んで長く保管すると生地に折り目やくせが付いてしまい、着心地が悪くなるおそれがあるためです。また、吊るす際もハンガーの形状は防寒着に合わせるのが型崩れを防ぐコツになります。